髪の悩み

【ヘアロス】女性の薄毛治療クリニックでヘアロス相談と対策

投稿日:

 

ヘアロス(女性の薄毛)はどう対策すればいい?

ヘアロス

「生え際やつむじの地肌が目立ってきた」
「抜け毛が増えた」
「髪型がきまらない」

 

このページでは「女性の薄毛【ヘアロス】」について詳しく紹介しています。
ヘアロスの改善に効果的な治療法やシャンプー選びの参考になれば幸いです。

 

女性のヘアロスとは

ヘアロス

「ヘアロス」とはいわゆる「薄毛」のこと。

主に女性を対象とした言葉なので「薄毛」や「ハゲ」に比べて、若干マイルドな表現になっています。
「まだまだ、私は若いから大丈夫」
「髪のお手入れはちゃんとしてるから私には関係ない」
という人も要注意。
ヘアロスは20~30代から始まると言われています。

「若いころと比べておでこが広くなった気がする」
「若いころと比べると髪が細くやわらかくなった」
「出産後にごっそりと髪の毛が抜けおちてしまった」

など、思い当たることはありませんか。
実は、見た目年齢を大きく左右するのは髪の美しさだと言われています。
髪がきれいなだけで、見た目年齢が7歳も若返るのだとか。

また、髪は肌に比べるとお手入れの効果が表れやすいパーツとも言われます。
「ちょっと気になるかも……」
という人はもちろん、
「まだ、大丈夫」
という人も、きちんとヘアロス対策をしておきましょう。

 

ヘアロスの5つの原因

ヘアロス

ヘアロスを対策するには、原因を知ることが大切です。
女性のヘアロスには様々な原因が考えられます。

 

原因1:女性ホルモンバランスの乱れ

ヘアロス

毛髪の成長には女性ホルモンが大きく関係しています。
女性が男性のようにハゲないのは、女性ホルモン「エストロゲン」の働きによるもの。
エストロゲンには健康な髪に欠かせないコラーゲンを増やしたり、髪の成長を促進する働きがあります。
しかし、女性ホルモンは加齢とともに減少。

また、ストレスや過度のダイエット、睡眠不足も女性ホルモンが乱れる原因となります。
「仕事や人間関係のストレスで毎日ヘトヘト」
「不規則な生活で、毎日睡眠不足」
といった生活は毛髪だけでなく、心身にとっても大きな負担となります。
自分なりの息抜きやストレス解消法を見つけることも大切です。

 

原因2:肩こり、眼精疲労

ヘアロス

頭皮の血行不良は女性、男性に関わらずヘアロスの原因になります。
頭皮の血流が悪くなると、毛髪に充分な栄養が行き渡りません。
実は、頭皮の血行と深く関わっているのが、眼精疲労や肩こりです。
肩や首、目の血行が悪くなることで、頭皮へ送られる血流も滞ってしまいます。
人間の頭部は下から上に血流が流れているため、もともと血行が滞りやすいのだとか。
男性の場合も、頭頂部から髪が薄くなる人が多いですよね。

また、目を酷使すると「システイン」と呼ばれるアミノ酸が消耗されてしまいます。
システインは毛髪を構成する成分の一種。
システインが浪費されることで、髪へと送られる栄養成分が少なくなってしまうんです。
日ごろからパソコンやスマホを操作することの多い人は要注意。
適度に休憩やストレッチを行うことも大切です。

 

原因3:コラーゲンの減少、損傷

ヘアロス

顔と同様に、頭皮にとってもコラーゲンはとても重要です。
コラーゲンが減少し、固くなった頭皮は、毛細血管が行き渡りにくくなっています。
その結果、毛母細胞や毛髪に栄養が行き渡らず、抜け毛や白髪、毛が痩せてしまう原因に。
コラーゲンは加齢の他、紫外線や喫煙、物理的な刺激によっても損傷してしまいます。

力任せにゴシゴシと頭皮マッサージをするのも要注意です。
頭皮のコラーゲンが減少すると、頭皮から顔のたるみにつながります。
一生懸命、顔のお手入れをしても頭皮ケアがおざなりだと効果も半減。
頭皮から若々しい肌を目指しましょう。

 

原因4:パーマやカラーリング、シャンプーによるダメージ

ヘアロス

パーマやカラーリング、シャンプー、コンディショナーなどの刺激もヘアロスの原因の一つ。
刺激の強い成分が頭皮に付着すると、炎症を引き起こす可能性があります。
炎症が起きると、ヘアサイクルが乱れてしまい、抜け毛を引き起こしてしまいます。
抜け毛や薄毛に悩む人の大半は、自覚していないながらも頭皮が炎症を起こしていることが多いのだとか。

本来、頭皮は透き通った青白い色をしています。
しかし、黄ばんでいたり、赤みがある場合は炎症を起こしている証拠。
頭皮がかゆい、べたべたするといった場合は要注意。
日ごろ使用している、シャンプーやコンディショナーなどを見直してみましょう。

 

原因5:遺伝

ヘアロス

男性だけでなく、女性の薄毛も遺伝します。
男性の薄毛の場合、遺伝的要素は75%。
一方、女性の場合は25%と、男性に比べるとかなり低い数字です。
とはいえ、「代々薄毛家系だから私も薄くなる」とは限りません。
肥満と同様に、薄毛も生活習慣の影響が大きな要因となっています。
「遺伝」と思い込んでいた身体的特徴が、実は単なる生活習慣によるものだった、というのはよくある話です。

・食べ物の嗜好
・生活サイクル
・運動習慣
など、自分では意識していなくても親子で似通ってしまうもの。
「遺伝だから」と諦めてしまう前に、今まで「当たり前」と思っていた習慣などを見直してみましょう。
将来、ヘアロスが心配な場合は早めに薄毛治療専門医に相談することをおすすめします。

 

ヘアロスの3つの対策

ヘアロス

ヘアロス対策には日々の生活習慣の見直しが欠かせません。
「クリニックで治療を受けているから、ヘアロスの心配はしなくても大丈夫」
というワケではありません。

 

対策1:規則正しい生活を心がける

ヘアロス

健康で美しい髪を維持するのに欠かせない女性ホルモン。
女性ホルモンのバランスを整えるには、規則正しい生活を送ることが大切です。
女性ホルモンに大きな影響を与えているのが自律神経です。
女性ホルモンと自律神経はどちらも、脳の視床下部と呼ばれる場所でコントロールされています。

この視床下部は、ストレス反応の中枢でもあります。
そのため、不規則な生活や睡眠不足によって自律神経が乱れると視床下部がストレスを感知。
ホルモンバランスにも影響を及ぼしてしまいます。
ストレスのない生活を送ることは無理なので、まずは規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

対策2:栄養バランスの良い食生活

ヘアロス

「ダイエット中なのでお肉は食べない」
「ケーキや菓子パンが食事代わり」
なんて生活を送っていませんか。

人間の体内に入った栄養成分は、生命維持に欠かせない臓器に優先的に送られます。
一方、髪の毛は人体にとっては老廃物の一種。
栄養が不足すると、真っ先に供給がストップしてしまいます。
ヘアロスを防ぐためにも、日ごろから栄養バランスの良い食事を心がけることが大切。
ビタミンCや鉄分、亜鉛は健康な髪に欠かせないコラーゲンの生成を促進する働きがあります。

また、妊娠中のサプリでもおなじみの葉酸。
葉酸には細胞の増殖を促進する働きがあり、抜け毛予防にも効果的と言われています。
手軽に栄養成分を補うにはサプリが便利ですが、サプリには添加物が含まれています。
できれば、栄養成分は食材から摂取するようにしたいですね。

 

対策3:ヘアケア製品の見直し

ヘアロス

ヘアロス対策には、シャンプーやヘアトリートメントの見直しも欠かせません。
最近では、女性用にもヘアロス対策の育毛シャンプーが増えています。
また、頭皮環境を整えるには、育毛剤の使用もおすすめです。
シャンプーや育毛剤自体には、髪の毛を生やす効果はありません。

あくまでも、頭皮環境を整えてヘアロスを防ぐ予防効果のみ。
ヘアロスが進行してしまってから使い始めても手遅れです。
20代、30代のうちに使い始めることで、10年、20年後の髪に差が出ます。
進行してしまったヘアロスは、専門医の元で治療を受けることで改善することが可能です。

 

ヘアロス対策2つの失敗例

ヘアロス

「髪にボリュームが無くなった」
「生え際やつむじの頭皮が目立つ」
など、今すぐ何とかしたいヘアロス。
だけど、誤ったヘアロス対策はかえってヘアロスを進行させる原因にもなってしまいます。

 

失敗1:ウィッグ

ヘアロス

手っ取り早く、ヘアロスを隠せる方法がウィッグです。
しかし、男性のかつらと同様に、他人からバレやすいのが欠点。
また、蒸れやすく頭皮環境を悪化させやすいというデメリットもあります。
コストパフォーマンスも悪く、5年程度で買い替えが必要。

 

失敗2:ヘアエステ

ヘアロス

毛穴の汚れ除去や血行促進効果があり、ヘアロス予防には効果的です。
ただし、効果が持続しないためこまめに通う必要があります。
月1、2回程度のトリートメントではリラクゼーション効果しか期待できません。
また、ヘアロス予防効果はありますが、ヘアロスを改善する効果はありません。

 

ヘアロス治療って何をするの?

ヘアロス

進行してしまったヘアロスを自力で改善することはできません。
「将来のためにヘアロス予防をしておきたい」
という女性はもちろん
「出産を機にヘアロスが進行してしまった」
「年齢とともに頭皮が目立ち始めた」
といった悩みがある人は、まずは専門のクリニックで相談してみましょう。

ヘアロス治療では、発毛効果のある飲み薬を使用します。
・スピロノラクトン
・ミノキシジル
・パントガール
が主な発毛薬になります。

ミノキシジルは男性の発毛薬としてもおなじみなので、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
費用はだいたい月5,000円~。
ヘアロスの進行具合などにより変わります。

 

ヘアロス

ヘアロス治療は皮膚科でも受けることが可能です。
「どうせなら、通いやすい近所の皮膚科で相談すればよいのでは?」
と考える人も多いかもしれません。
しかし、皮膚科よりもヘアロス治療専門のクリニックでの治療をおすすめします。

というのも、皮膚科の場合、
・ヘアロスの専門医ではない
・薬を処方するだけの治療になる可能性が大
・プライバシーが徹底されていない場合がある
といったデメリットがあります。
町のお医者さんとなると診察室がカーテンで仕切られているだけで、診察内容が筒抜けなんてことも多いですよね。

ヘアロス治療専門クリニックの場合、薬を処方する以外にも、オリジナルの治療を用意しているところも多くあります。
「薬を試したけどダメだった……」
という場合に、二の手、三の手があるのも専門クリニックならではの強みです。

 

ヘアロス治療専門クリニック選び3つのポイント

ヘアロス

「ヘアロス治療に興味が湧いてきた」
でも、いったいどうやってクリニックを選べばよいのか、難しいですよね。
ヘアロス治療のクリニックを選ぶ際に注意したいポイントは以下の通り。

 

ポイント1:料金が分かりやすく適正

ヘアロス

ヘアロス治療にかかる費用がストレスになったり、生活が苦しくなってしまっては本末転倒です。
ヘアロス治療を受ける際には、まず料金をチェックするようにしましょう。
「料金が分かりにくい場所に表示されている」
「料金の説明がややこしくて分かりづらい」
といったクリニックは避けた方が良いかもしれません。

 

ポイント2:通いやすい

ヘアロス

働いていると、平日に遠くのクリニックまで通うのはかなりの負担です。
また、ヘアロス治療は1回だけで終わることはありません。
何度も通う必要があるので、通いやすさも大切なポイントです。
・土日も診察を行っている
・駅から近い
といった点にも注目してクリニックを選ぶようにしましょう。

 

ポイント3:カウンセリングが無料

ヘアロス

「ヘアロスが気になる」
といっても、いきなりヘアロス治療を受けるのは勇気が要ります。
できれば、じっくりと検討して決めたいものです。
そんな時、気軽に相談できるクリニックだとうれしいですよね。
・無料でカウンセリングが受けられる
・電話やメールでヘアロス相談ができる
など良心的なクリニックを選ぶことも大きなポイントです。

 

ヘアロス治療に東京ビューティークリニックがおすすめな5つの理由

ヘアロス

ヘアロス治療専門クリニックの中でも特におすすめなのが東京ビューティクリニックです。
東京ビューティークリニックは5つのポイントで女性におすすめ。

 

理由1:女性薄毛治療専門のクリニック

ヘアロス

東京ビューティクリニックは女性のヘアロスを専門に治療するクリニック。
男性の薄毛では「AGAスキンクリニック」を経営しており、まさに「毛髪のスペシャリスト」。
ヘアロスに関する技術や実績が豊富で、信頼できる点が大きなポイントです。

 

理由2:東京ビューティクリニックオリジナルのメソセラピーを採用

ヘアロス

東京ビューティークリニックでは「Dr.メソ(メソセラピー)」と呼ばれるオリジナル育毛カクテルを採用しています。
Dr.メソは「毛細血管を拡張する成分」と「発毛成長因子」をブレンド。
注射器で毛根直下に直接注入します。
注射をする際には、冷却器具を用いて-2℃に冷やしながら行うので、痛みはほとんどありません。
ダイレクトに毛根に作用するので、高い育毛効果が期待できます。

 

理由3:オリジナル女性用発毛薬を開発

ヘアロス

「薬を処方してもらうだけならどこでも同じじゃないの?」
と考える人も多いかもしれません。
東京ビューティクリニックでは、ヘアロスの治療に効果的なタブレットとリキッドを院長自ら開発。
発毛成分が高濃度に配合された発毛薬なので
「市販の発毛薬では効果が実感できなかった」
「何をやってももうダメ」
と諦めていた人にも期待できますよ。

 

理由4:全国50院以上、駅から徒歩3分以内

ヘアロス

東京ビューティークリニックは高度なヘアロス治療だけが魅力ではありません。
全国50院以上、駅から徒歩3分以内という通いやすさも大きな特徴です。
とはいえ、
「人通りの多い場所は知り合いに見つかりそうで困る」
という女性も多いかもしれません。
東京ビューティクリニックは通いやすい一方で、目立たない場所にあることも大きな特徴。
複合店舗ビルなどに入っている場合がほとんどなので、人目を気にせず通えます。
また、土日も診療しているので、忙しい女性にも通いやすいのもうれしいですね。

 

理由5:ヘアロス相談は365日

ヘアロス

毛髪の悩みって気になっていても、なかなか他人には相談しにくいものです。
東京ビューティークリニックではヘアロス相談しやすい環境を設定。
毎日9:00~21:00まで無料で電話相談が可能。
また、カウンセリング、頭皮診断は無料で行っています。
「ヘアロスが気になるから、一度、頭皮診断をしてもらおうかな」
「家系的に薄毛なので、頭皮診断をしておこう」
といった軽い気持ちでもOK。

 

 

-髪の悩み
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ペネロピ , 2018 All Rights Reserved.